医療機関で活躍したいなら

エステティシャンが働く職場としてサロンが一般的ですが、美容皮膚科のような医療機関で働くこともできます。
サロンで働く場合との大きな違いは、お客様に対して明確な治療を行うことが多くなる点であり、施術するエステは医学的根拠があるものになります。
サロンでは、マッサージなどによって顧客の疲れを癒やすことや、美容液などを利用して美しさを追求することが求められます。
それに対して、美容皮膚科ではニキビやアトピー、火傷痕などのように明らかに皮膚が正常ではなくなってしまっている状態を改善しつつ、美しい皮膚を生み出すことが求められます。
美しさも求められている点で、通常の皮膚科とも差異が生まれているのが特徴です。
メディカルエステとサロンでのエステの仕事は、実際にはあまり変わらないこともあるようです。
使用されている美容液に医学的な根拠があったり、人の手より機械で施術をした方が効果が高いと実証されていれば美容医療機械を使用したりするといった点が主な違いです。
そして、医学に基づいた施術を行うことから、医師の指導の元に相談をしながらエステを施すことになります。
美容だけではなく医学についても学ぶ必要があり、医師と協力して仕事をすることで美容だけでなく自分の医学知識を高めていくことができます。
メディカルエステの仕事に携わるためには、普通のサロンで経験を積んだ後に就職するか、メディカルエステ専門学校で知識や技術を身につけた後に就職するのが一般的といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です